本好き元IT業界の伝統産業メーカー「泉工業」専務の書評ブログサイトトップ >コラム  >> 読書コラム:本屋での効率的な検索方法3つのポイント

2012年12月01日

読書コラム:本屋での効率的な検索方法3つのポイント

にほんブログ村 本ブログへ
本ブログ
本屋Bookの検索方法
読書好きには、本屋さんは最高のテーマパーク!

ついつい時間を忘れて本の海にどっぷりとつかる至福の時を過ごしちゃいますよね!

ただ、「時間」という制約が無い事なんて滅多にありません。私の場合は、年に一回くらい、「今日は本屋に行くだけの日なんだー」と宣言して、本屋をはしごする休日を設けていますが、それ以外は基本的には時間制限ありの中で本屋に行く事になります。

そこで重要なのが「検索時間の短縮」!

なぜならば


「検索」「レビュー(立ち読み)」「購入(買うと決まっている場合)」という3段階の事が本屋さん内でのアクションとして求められているからです。検索でもたもたしていたら、時間はあっという間に過ぎますからね。

「次のアポイントメントまでちょっと時間あるな」という漠然とでは無く、「よし、この本屋は10分いれる!検索5分、レビュー3分で、レジ支払いで2分だ」といきたいところです。
ちょっと大げさですが、コレくらいの心の準備がある方が効率的に本屋を活用できます。

ここでは、「検索」の時点での活用例です。

厳密には、「検索方法」ではなく、「検索時間の短縮=取捨選択の方法」です。
「検索方法」だと、読みたい本や個人の趣向によって無数に存在しますもんね(笑)。

では、検索方法3つのポイントです!

1.この時間の「目的」を1つに絞る
制限時間がある時は、1つに絞って集中する方が良いです。
例えば、「今は新刊チェックだけしよう」「今の時間は、経営戦略に関する本を探そう」という風に、本屋に着くまでに1つに絞ってしまいましょう。

2.必ず、本屋さんのカテゴリマップを一番最初に見る
ランダムに気の向くままに行ってしまいたくなる衝動を抑えて、何の本がどこ置いてあるかの全体像を把握するマップの前に無心で進みます。マップをみると、頭も冷静になり、残り時間に対する意識も思い出せます。

3.タイトルでピンときたら少し引き出しておく
マップから、自分の探したいカテゴリ場所に直行!
棚を端から見ていき、タイトルで直感的に「いいな!」と思えたものを、少しだけ引き出しておきます。ここでは、引き出すだけで中身を見ないように!
掃除をする時にアルバムを見て時間が経ってしまった!という状況になる事を防ぎましょう(笑)。

本好きだと苦行に近いかも知れませんが、長い目で見て時間を有効に使えるというメリットが多いです。
そして、この苦行を通常運転にしてしまえばこそ、年一回の「何も考えずに本屋ぶらり旅」の贅沢さが味わえるもんです!



izumi_kingin at 08:36│TrackBack(0)clip!コラム 

トラックバックURL