スポンサードリンク3

本好き元IT業界の伝統産業メーカー「泉工業」専務の書評ブログサイトトップ >コラム  >> 読書コラム:図書館を上手に利用

2011年06月30日

読書コラム:図書館を上手に利用

図書館を上手に利用するのはかなり効果的です!
ただ、デメリットもありますので、整理してみましょう~。

デメリット
・最新刊の取り揃えに弱い
・返却しなければいけない
・書き込み、マーカーができない
・読みたい時にすぐあるとは限らない

メリット
・無料
・規模が大きい施設だとかなりラインナップが充実
・廃刊の専門書なども読める

こんな感じですね!

特に「読みたい時にすぐあるとは限らない」というデメリットに注目。
時は金なりです。いくら無料だからといって、せっかく「勉強しよう!」という心にともされた炎も、「手元に無い」という結果なら、すぐ冷めます。人間なんてそんなもんです。
「欲しいときが買い時」というカンピュータに近いような概念ですが、当たらずとも遠からずです。

鉄は熱いうちに打て!の精神で、結構無視できないのがこのデメリット!
単に「無料だから何が何でも図書館!」という執着はやめて、「図書館にあったらラッキー!」程度にしておくのがおススメです。
なので、本屋さんやWEBで「この本はゼッタイに読みたい!」という出会いがあれば、その場で買うのが一番。
「図書館にあるかも・・・」という考えは、「ゼッタイに」が付くほど魅かれた本の場合は控えるべきですね。

ただ、都心部のような「大きな施設」としての図書館だと、新刊もはやく充実もしております。
近隣の図書館ネットワークを使って、WEBで検索できて取り寄せできる、というような夢のようなサービスを完備している図書館も珍しくないご時勢ですから、まずはお近くの図書館を検索したり窓口で聞いてみるという情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

ビジネス書も結構ありますよ!嬉しい限りです。

私の場合は、住まいの近くの↓
おこしやす 京都市図書館へ

と、勤務先付近の↓
城陽市立図書館

の2段構えで、常に目を光らせています(笑)。


また私は「多読」タイプなので、私のようにザッピング読書に抵抗が無い方は、「どの本がいいかなー」という選別する時間を読書にまわして「数」で知識を埋め尽くす作戦を選ばれると効果的です。
その作戦の強い味方が、正に図書館ですね!
全部購入していたら、財布が悲鳴をあげますもんね(^^)



見つけにくい「戦略関連」の本はここから選んでおります。
「泉工業」専務のビジネス戦略関連本




にほんブログ村 本ブログへ
本ブログ
   ↑   ↑   ↑
見たよの合図にクリックして貰えると嬉しいです☆
クリックすると色々な本の書評がたくさん見れます。
怪しいサイトではありませんので安心してください。
もちろん無料です!



泉工業株式会社web
京都の伝統[金銀糸(きんぎんし)]メーカー☆



スポンサードリンク5

izumi_kingin at 22:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!コラム 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔