2011年05月23日

「コマギレ・すきま時間」活用術

にほんブログ村 本ブログへ


センムセンサー
・「 夢 」(やる気*情熱*使命感) ★★☆☆☆
・「戦略」(戦術*戦略*仕事術) ★★★☆☆
・「感謝」(感動*愛*許し*奉仕) ☆☆☆☆☆

「コマギレ・すきま時間」活用術
「コマギレ・すきま時間」活用術

バツグンに読み易いです。本が嫌いな人も、心理的抵抗なくしかも短時間でサッと読み終えられますね。
というのも、イラストや図解が多くてキレイ。
逆に、「読書」をしたい人には圧倒的に読み応えが薄いのでやめておいた方が良さそうです。

ただ、単に「読み易い」というだけで嬉しいだけではなく、そもそも「何を目的で本を読むか?」と考えたら、合点がいくはずです。
つまり、「すきま時間を活用したい」という術を得たい!と強く思っているからこそ、読み易さが重要なのです。


「コマギレ・すきま時間」活用術
〈1日15分3セット〉で夢を実現! 木村雅晴 ぱる出版発行年月:2008年02月 ページ数:191p サイズ:単行本 ISBN:9784827203943 木村雅晴(キムラマサハル)1955年横浜生まれ。法政大学経営学部卒業。“サラリーマン・ライター”として長年に渡り“二足のわらじ”で活躍する「時間活用の達人」。現在、派遣会社に勤務しながら貿易実務の講師をおこなっている。貿易業務にたずさわるかたわら、およそ1年半に1冊の割合で貿易実務関連の書籍を、「コマギレ・すきま時間」を大活用して執筆。現在までに共同執筆を含めて14冊を刊行。なかにはロングセラーとなる会心作もある。専門分野は貿易実務だが、大ヒットしたビジネス書のゴーストなども手がけることで、着実にチャンスを広げてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 「1日15分3セット」で夢を実現!/第2章 コマギレ時間活用のルール/第3章 第3章 自分を変える“コマギレ時間”の使い方/第4章 早朝・昼休み・休日などのコマギレ時間の見つけ方・使い方/第5章 捨てていた時間が生きてくるコマギレ時間活用の知恵と工夫/第6章 コマギレ時間をとことん活かすマイ・ツール術/第7章 コマギレすきま時間でチャンスをつかんだ私の方法・実例編/第8章 人生をもっと豊かにする会社生活の送り方・利用法/第9章 コマギレ時間活用から始めるチャンスを広げる副業のススメ-夢を実現するには強い目的が必要 “目標=ゴール”を見つけるとなんでもできる。“すぐやる”となんでもできる。“無理をしない”からなんでもできる。“少しずつながーく続ける”から大きな効果があげられる。“マイ・ツール”を作ればどんな場所でもキッチリ時間を使える。一瞬で人生が変わる“なんでもできる”時間管理術。 本 人文・思想・社会 心理学 生き方・人生論 人文・思想・社会 宗教・倫理 倫理学 美容・暮らし・健康・料理 生き方・リラクゼーション 生き方 (詳細ページ)


文字を多くして読み応えを出してしまうと、そもそもの目的がブレます。

そういう意味で、タイトル通り、ありのままを「活用したい!」と思う人には、すぐ読んですぐ実行する事が最も効果的!

本書は、著者の木村雅晴さんの実体験を基にしたノウハウが満載なので、本当に説得力があります。ただ、どの本にも言える事ですが、実体験を元にされている場合、「私が出来たのですからあなたにもできるよ!」という姿勢で、いい意味で著者ご自身のスキルを「低く」見積もっている場合が多いです(笑)。

なので、もちろん向き不向きがあり、読者である我々がすべてこなせるかとうと、まずムリです。

でも気にしない!それで当然!
これもどの本でも同じですが、とにかく1冊中1つでもパクれるものがあったら、それで十分元が取れます。
ビジネス本約1,500円。この値段は、単体で見たらちょい高いでしょう。

しかし、本に書いてある内容を1,500円以下で入手しようと思うと至難の技です。
直接会って誰かに話を聞くのも、飲食代や交通費等をいれれば、1,500円は超えるでしょう。

そう考えると、ちょっといけそうな感じしますよね!

なので、まずは1つ!ただ1つを探すつもりで著者の木村さんの経験談を楽しみます。
ここでも「読み易さ」に救われますので、むしろ「読む」より「見る」に近いところまで噛み砕いてくれております。

待ち合わせの際、相手から「15分ほど遅れる」と連絡が入った時、「なんだとー!」と怒ってしまう人には、とっておきの一冊です!
きっと「遅れる?遅れてくれるの?ラッキー!15分GET!」という心理状態のヒントを教えてもらえるはずです。




見つけにくい「戦略関連」の本はここから選んでおります。
「泉工業」専務のビジネス戦略関連本


ブログランキング参加しております。
良ければクリックお願いします。励みになります(^^)
にほんブログ村 本ブログへ
本ブログ

泉工業株式会社web
京都の伝統[金銀糸(きんぎんし)]メーカー☆



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔